読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子さんの打率を上げたいあなたへ。最も大事なことを忘れていませんか?

こんにちは!

 

アズマです。

 

今日は、あなたの息子さんが

打率を上げたいと思った時に

すごく重要なことを話します。

 

これに関しては、上手くなるためには

絶対に実践しなければなりません。

 

でないとすぐに天井が見えて

成長がとまってしまいます。

 

いわば鉄の掟です。

 

実践していないとしたら、 

素手で崖をよじ登ろうとしている

ようなものです。

f:id:taku-yakyu:20170508165752p:plain

 

打率を上げるなんて

無謀になり、必ず限界がきます。

 

息子さんは、

頑張っているけど「伸びない子」

になってしまいます。

 

f:id:taku-yakyu:20170508170116p:plain

 

しかし

 

これさえしっかりやれば、

正しい土台ができる訳です。

 

しっかりした土台の元で

高いレベルに手が届くようになります。

 

結果

 

周りの子達が、

入団した時の運動神経のまま成長もなく

なんとなく6年生になり卒団していく中、

 

あなたの息子さんは

しっかりと打率を伸ばして

入団当時に自分より上手だった子達を

追い越すことができます。 

f:id:taku-yakyu:20170508170847p:plain

周りに驚かれるほどの成長を

遂げられるわけです。

 

これが、息子さんの

未来を決めるベースとなるので、

しっかり聞いて受け止めてほしいです。

  

 

 

◆「打率が上がる」とは?◆

 

そもそも打率が上がるとは

どういうことなのでしょう?

 

答えは

 

 

芯に当たる「確率」

f:id:taku-yakyu:20170508172506p:plain

これが高くなるということですね。

シンプルに芯に当たればヒット性な訳です。

 

芯からずれた時

芯よりも下ならゴロ、上ならフライ、

根っこや先だと弱い打球

つまり凡打となります。

 

 

よって芯に当たる確率を上げていく

必要がある訳です。

 

 

 

◆確率upに必要なこと◆

では、「打率を上げる」

つまり「芯に当たる確率を上げる」

のに必要なことは何でしょうか?

 

それは

 

バットに当たる最後まで

ボールをよく見ることです。

f:id:taku-yakyu:20170508190309p:plain

 

 

当たり前かもしれません。

 

でもこれ、

「当然やっている。」

と自信を持って言えますか?

 

「ボールをよく見る。」

 

それを、、、

次の打席に生かしていますか?

 

 

確かに、それを本当に意識して教えてくれる

指導者が少ないのは仕方ありません、、、

 

しかし

 

これを当然のように続けて

次に生かすことは非常に重要です。

 

 

 

◆なぜ大切か?◆

例えば今日の朝ごはん、

サケをお箸で掴んだかもしれませんね。

 

果たしてよそ見しながら掴めるか…?

という話です。

 

 

 

それだけではありません。

 

これから先、あなたの息子さんは

何千、何万回、ボールをバットに当てる

ことになるでしょう。

f:id:taku-yakyu:20170508191039p:plain

1日10球を平均としても年間3650球です。

 

その一回一回から学ぶことは

たくさんあります。

 

バッドがボールの下に入ったなら

次はもう少し上を打てば良い。

 

 当たったタイミングがピッチャーよりで

引っ張ってしまったら、

もう少し待てばいい

 

アウトコースのボールをバットの先

打ってしまったなら、

ベースに近づけばいい。

 

そうすることで必ず、

「今の」一球より、

「次の」一球が「打てる」

ようになっています。

 

年間3650回もやるのだから

これだけで打率は必ず上がってきます。

 

ただ一球を打つのが野球人生ではありません。

 

 

「今の一球がダメでも次の一球は打つ」

これで試合で打率が上がるのは当然です。

 

 

 

 

 

なので今一度、やってみましょう。

 

「最後までボールを見る」

 

これを息子さんに伝えてあげてください。

あなたが息子さんの助けとなれるはずです。

f:id:taku-yakyu:20170509135643p:plain

今日の内容をすぐに思い出せるように

すぐ

このページをお気に入りに登録しましょう

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。