読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試合でヒットを打つために必要なたった1つのこと。

 

こんにちは!

 

アズマです。

 

今日は

打席に立った時に大事なポイント

について話したいと思います。

 

このポイントは、上手い下手に関わらず

確実に「結果」に関わってくる部分です。

 

実践すれば

今日から試合で打てるようになります。

 

逆に

 

これを知らないと

いくら練習で打てるようになっても

試合では打てません。

 

さらには息子さん自身の

成長を妨げてしまいます。

 

今からでも実践できるので

3分だけお付き合いください。

 

 

 

◆こんなエピソードがありました。◆

f:id:taku-yakyu:20170429181730p:plain

 

これは息子がいたチームで1番バッターを

していた子の話です。

 

彼は春先には調子が良く

打率もちょうど3割くらいで

 1番の役割をしっかり果たしていました。

 

しかし、夏を前に突然

全く打てなくなったのです。

 

三振が増えて、あたりもゴロばかり 

チームメイトも心配しました。

 

彼に何があったのでしょうか??

 

友達が彼のある変化に気付きました。

 

それは

“見逃しが多くなった”

ということです。

f:id:taku-yakyu:20170429185356p:plain

以前は初球打ちも当たり前だったのに

スイングをかけなくなっていました。

 

どうやら彼は監督に

こう言われていたようです。

 

「お前は選球眼もいいし打撃もいい」

「好きな球だけ打て」

 

きっと監督としては

フォアボールも視野に入れてのことでしょう

  

その結果、

ど真ん中が来るまで

スイングするのを躊躇していました。 

 

それで追い込まれると

厳しいコースに手を出してゴロになる。

フォアボールを狙って見逃し三振する。

 

彼の異変に気がついた友達が

「自信を持ってストライク打てよ」

と言ってくれて

彼はまた3割バッターへと復活。

 

自信を持ってスイングする姿が戻っていました。

 

いかがでしたか?

 

バッターにとって

何がもっとも大切なのか

伝わったでしょうか?

 

 

◆打席での心構え◆

 

f:id:taku-yakyu:20170429193942p:plain

打席でもっとも大切なこと

 

 それは

 

自信を持って、

積極的に振ること

です。

 

 

それで初めて

ファウルならタイミングのズレを修正したり

ヒットが打てたりします。

 

バットを振らなければ

 

バットを持たずに

突っ立っているのと同じです。

f:id:taku-yakyu:20170501171044p:plain

 

見逃して、追い込まれて、

良い事なんかありません。

 

2ストライクになると

ピッチャーに気持ちの余裕ができます。

そしてどんどん厳しいコースに投げてきます。

 

逆に

 

ピッチャーは最初っからボールを投げたいとは

思いません。

ピッチャーもフォアボールが怖いのです。

 

なので、

どうしても最初はストライクが欲しくて

ファーストストライクは真ん中の球が

多くなります。

 

これで十分にストライクを見逃さない

メリットが伝わったと思います。

 

 

 

 

少年野球では

ピッチャーが投げてミットに収まるまで

たったの0.7秒です。

 

100%完璧に見極めるなんてできないし

必要ありません。

 

 

今すぐ口に出してみてください。

ストライクと思ったら振る!

 

 

 

 

ためらうことはありません。

 

ぜひ息子さんにそう伝えてあげて

欲しいです。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。