読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイングが波打ってしまい、サードゴロが多いあなたへ。

こんにちは!

 

アズマです。

 

あなたの息子さん、こんなことを言われた

経験ないですか?

 

「バットが波打ってるぞ!」

「またサードゴロか……」

 

 

もしそうだとしたら、、、

 

あなたはラッキーだと思ってください!

 

今日はそれを解決したいと思います。

 

息子さんが大谷選手のような

美しく強力なスイングを手に入れるため、

 f:id:taku-yakyu:20170425185056p:plain

バットをこねるような波うつスイングでなく

見とれるようなシャープなスイング

手に入れるための

 

本質的なコツを紹介したいと思います

 

 

 

このコツをちゃんと知ることで

あなたの息子さんのスイングは

「無駄のない」かつ「ダイナミック」

スイングとなります。

 

さらには、次第にこのコツに慣れると

柵越えのホームランを打てるようになります。

  

 しかし、この本質的なコツを知らないまま

「強い打球を打とう!」と思った場合

 

✔︎ 波うつスイングになる

✔︎内野ゴロが増える

✔︎芯に当たらなくなる 

 

という状況になり、そのまま続けると

間違った「手の使い方」が染み付いて

 

他の練習をいくら頑張っても

一生、打率が3割に到達しない

という状況に陥りかねません。

 

なので是非このコツを知っていただき

息子さんのバッティングに取り入れて下さい!

 

 

 

 

◆本質に迫る!◆ 

 ところで質問があります。

f:id:taku-yakyu:20170422162820p:plain

 

あなたはバッティングで「手首」について

どんなことを聞いたことがありますか??

 

ポイントとして「手首の返し方」が大事だ 

 ということをご存知かもしれませんね。

(押し手の手首)

 

 確かにその通りです!

 

 

 しかし、あなたに伝えたい本質的なコツ

もう少し踏み込んだものです。

 

それは、、、

 

 

そもそも

手首は返さなくて良い

 ということです。

 

  

 

ホントに!?!?

 とあなたは思ったかもしれません。

 

 しかしこちらをご覧ください。↓

 

これは冒頭でお見せした

大谷選手のバッティングフォームです。

f:id:taku-yakyu:20170425185056p:plain

 

もう打球はバットに当たった後で、

ボールが離れているのが確認できます。

 

お気づきの通りです。

 

全く手首は返ってません

 

 

押し手の「手首の返し」で飛ばすんじゃないの?

と思ったら下の動画をみてください!

 


【プロ野球 片手バッティング集】ヒットもホームランも片手一本でOK!桧山・西川遥・阿部・大谷・金本・中村紀・松中

 

これは片手一本でホームランを打つ動画ですが、

「押し手の手首」が返るどころか離れています。

 

このように押し手の「手首を返す力」を

使わなくても十分な飛距離は出ます。

 

さらに、この動画からわかる通り

打球を飛ばすのに手首を返す動作は

必要ないです。

 

実は、手首を返して打つのではなく

手首は後で自然と返るものだったのです。

 

手首を返そうとすることこそが

かえってバットの軌道をブレさせるため

 

✔︎波うつスイング

✔︎内野ゴロ

 の原因となります。

 

 

 

 

◆まとめ◆

つまり今日覚えて欲しい

本質的なコツとは

 

・手首は返さない!

・手首は後で自然と返る!

 

ということです。

 

手首をなるべく返さないことで

打球を飛ばせるようになり、

芯に当たりやすくなります。

 

 

早速この動画を再生して参考にしてみてください!

手首は「バットに当たった後に」

自然に「返っている」ことがわかります!


埼玉西武ライオンズ 秋山翔吾 バッティングフォーム&バッティング スローモーション(右中間へのホームラン)

シーズン最多216安打の日本記録を持つ

秋山翔吾選手のスイングです。