読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「打てる」か「打てないか」はこれで決まる!

こんにちは!

 

アズマです。

 

 

今回お話しさせていただく内容はとても重要です。

 

 

打てるバッターになれるか

 

 

それとも打てないバッターのままか

 

 

 

まさにバッティングの登竜門となっている

スキルについて話していきたいと思います。

 

それは、

 

 

「レベルスイング」

 

 

 

まず、スイングには3つの種類が存在します。

 

1. アッパースイング

2. ダウンスイング

3. レベルスイング

 

この3つは、バットの軌道を表します。

 

アッパーは下から上、ダウンは上から下。

一方レベルスイング水平

最も理想的なスイングだとされます。 

 

そしてこのレベルスイングを身につけている

野球少年が本当に少ない。。。

 

多くの野球少年がくぐることのできない

狭き門です。

 

しかし、私から言わせてもらうと

 

本当は狭き門なんかじゃありません!

 

 

ただ知らないだけ

誤解が生じているだけなんです。

 

なので、まずはレベルスイングについて

正しい理解をすることが不可欠です!

 

これからレベルスイングについて理解を

深めていきましょう!

 

 

◯レベルスイングの実態        

 

 

<ポイント① 常に水平なのではない>    

 

当然レベルスイングは水平に振ることです。

しかし、初めから最後まで

常に水平である必要はありません。

 

最初にバットを持って構えている以上

水平でない瞬間はあります。

 

もしも常に水平を厳守した場合はまるで

ハンマー投げのようなスイングになり、

インパクトの瞬間に力が伝わりません。

 

 

<ポイント② 水平なのは「おへその前」>

 

大事なのは、バットが「おへそより前」

来たときに水平なスイングになっていることです。

 

その、バットが水平になっている時こそが

ボールがバットに当たるミートポイントに

なります。

 

これがレベルスイングの正体です。

バットが「おへその前」を通る時

バットに当たる「ミートポイント」となる時に

水平に振れていることを言うのです。

 

 

 

おへそは体の中心です。

 

 

最初から水平だとハンマー投げスイングに。

最後だけ水平にしようとしてもダウンスイング、

いわゆる“大根切り”になります。 

 

 

 

◆なぜレベルスイングが良いのか?◆

 

その理由は、

最もミートしやすく、最も力が伝わる

軌道だからです。

 

 

 

しかし、ここでよく誤解があります。

 

 

「アッパースイングの方が飛びそう…」

「ダウンスイングしろと教わった…」

 

 

 

とにかくよく言われることです。

誤解が生じるのも当然です。

 

しかし、アッパー/ダウンスイングには

決定的な問題点があります。

  

「体」と「腕」と「バット」は

連動しています

 

体が水平に回転している以上

バットも水平に動かなければ、

 

「体」と「腕」がバラバラに動き

ミートすることも、強いスイングをすることも

難しくなってしまいます。

 

さらにはスイングするたびにバットの軌道が

不規則になって上達できなくなります。

 

そうならないためも、いつでも

水平なスイングをすることが大切です。

 

水平に飛んでくるボールに対して、

体の水平な回転に合わせレベルスイングする。

 

それがバッティングの本質です。

 

 

 

 

速息子さんのスイングが水平になっているかを

横から見て確認してあげましょう!

 

ビデオを撮るのもいいですよ!