読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バットに当たらない方が難しくなるミート能力up術

こんにちは!

 

アズマです。

 

突然ですが、息子さんが打席に立つとき

あなたは何を思っているでしょうか…?

 

「ヒットを打ってほしい」

「塁に出てほしい」

「食卓で、息子の得意げな自慢話をききたい!」

 

そう思うかもしれませんね。

 

 

私はそうでした!

 

 

しかし、そんな気持ちを打ち砕くもの

心が折れそうになるもの

 

 

 

 

そうです、三振。

 

 

 

「あーーーー。」という周りの声。

本当に悔しいですよね。

 

ただ、一番つらいのは打席に立った本人です。

何もせず直接ベンチに戻ってくる訳ですから。。。

 

私はそんな悩みを解決したいです。

 

そこで今から

 

ミートする能力が格段に上がり

絶対に三振をしなくなる練習法

 

「片手アシスト」について

話していきたいと思います。

 

三振しないためにはとにかく

ミートする能力(バットに当てる能力)

を身につけることです!

 

これで「ミートする能力」さえ身についてしまえば、

三振しなくなるだけでなく、短期間での

急速な上達が可能になります

 

 

==なぜミート力で急速上達が可能か?======

野球少年にとってミートする能力とは

イコール経験値です。

 

三振で終わるところを一球ファールにするだけで

その打席で1,2球多くの球を見れます。

 

3打席あれば3〜6球(つまり1打席くらい)になり

経験値は130〜150%くらいに増大します。

 

たくさんボールを打てるということは

一人だけ特訓を受けているのと一緒ですよね。

当然のように周りに差がつき急速上達します。

=======================

 

 

では、実際に片手アシスト練習法を

やっていきましょう。

 

Stepで説明していきます。

 

 

 

 

◯Step1 前の手「一本」水平スイング  

(前の手:右打者なら左手 後ろの手:右打者なら右手) 

 

前の手「一本」でバットを持ち、バットが

「水平」になるようにスイングします。

 

(※水平な スイングについてはこちら↓)

 

◯Step2 後ろの手を使い片手アシスト

 

Step1での、引き手「一本」のスイングに加え、

 後ろの手でバットの根元を握ります。

 

そのままスイングして、後ろの手は

手が届かなくなったところで離します。

 

後ろの手はアシストする感じです。

 

 

 

 

ところで片手アシストでミートする能力が身につく

その理由。その正体について話しましょう。

 

 

バッティングにおいて、圧倒的にミートしやすく

なる方法が一つだけあります。

 

 

 

バンです

 

 

 

「当たり前だろ!」

と思われるかもしれませんが、

 

これをバッティングに活かせている人は

全然いません。

 

「片手アシスト」のバットの握りは

ミートの王道、「バント」の握りです。

 

したがって練習のときはイメージしてください!

 

「片手アシスト」の構えから

スイングしながら、バントする

イメージです。 

 

 

片手アシストは

ミートの最善を尽くした練習法です 。

 

これがミートする能力を上げて

三振を無くすための最短コースになります。

 

ぜひとも息子さんにボールを投げて

この練習法を試してあげてください! 

 

 

想像してください。

 

 

 

飛んでくるボールの前に、バントのように、

サッとバットを出してあげる。

 

それだけで簡単にバットに

当てられるような気がしませんか?

 

 

では今回はここまでです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。