読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

監督・コーチ、誰も教えてくれないバッティングの出発点

こんにちは!

 

アズマです。

 

今日はバッティング練習にあたって

「何よりも最初にやらなければならない事」

についてお話しします。

 

これができている人は、上達し始めると

打球も実力もグングン伸びていきます。

 

さらに、

相手のピッチャーが怯えるほどの打球を打ち、

周りの親御さんから羨望の眼差しを向けられる

ようになります。

 

今回がその出発点です。

 

逆にできていないと知らず知らず変な癖がついたり

見た目はいいスイングなのに結果が出ない。

 

具体的に言うと、

ヒットも全く増えず、力のない打球しか飛ばせない

という状況に陥ります。

 

こうなるともはや何が原因で打てないのか

さっぱり分からなくなります。いわゆる盲点です。

 

では一体何なのか……??

 

 

 それは

「 “本当の” バットの握り方」

です。

 

それではStepに分けて説明していきます。

 

 

◯Step 1 引き手は「指で」握る    

 

指先にバットを乗せて、指先から握ってください。

バットがご飯、手がノリだとイメージして下さい、

そして海苔巻きのように握ります。 

  

◯Step 2 押し手は「手のひらで」握る  

一方、押し手(右打者なら右手)は手のひらが重要です。

バットを手のひらに乗せてから包み込むように握ります。

 

しかし、これだけでは疑問を持たれるかもしれません。

 

なぜ引き手押し手手のひらなの……?

 

 

 

 

これには論理的な理由があります。↓

 

◆引き手

前提として、

引き手にはバットをコントロールする

役割があります。

文字通り「リードする」方の手なので、

引き手がバットの軌道を左右するのです。

 

試しに手のひらだけでバットを握ってみてください!

指で持つよりも遥かにコントロール

力の微調整がしにくいはずです。

 

お箸を「指で」握るのと同じで、

 

要は「手のひらより指の方が器用」

ということです。

 

なので、引き手は指で握る方が、

芯で打てる確率が絶対的に高いです。

 

 

◆押し手

逆に押し手はどうでしょうか?

◆押し手インパクトを強くするという役割があります。

 

これも座ったまま机を押してみると分かります。

 

手のひらで押した方が力が伝わりますよね?

おなじです!

要は「手のひらの方が力が伝わる」ということです。

 

なので、押し手は手のひらで握る方が

打球は強く、遠くまで飛びます。

 

 

 

 

このような握り方をする子は

後で本当に伸びてきます。

 

ですが、逆にそれを意識できている子がとても

少ないことも事実です。

 

出来ていても偶然か感覚であり、一般の監督や

コーチですらほとんど知らないのです。

 

あなたの息子さんの為に、絶対に正しい知識を

身につけてほしいと思っています。

 

いますぐ息子さんに正しい握り方を

教えてあげてください!

 

引き手は「指」押し手は「手のひら」です!