読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己紹介

はじめまして!

「バッティングパパ」こと東(アズマ)です。

 

現在は、県大会に出場するスポ少強豪チームで

バッティングを専門に教えています。

 

 そういうと『アズマさん自身も県大会に出場

するような野球経験者だったんでしょう??』

 と思うかもしれません。

 

しかし、昔は息子をバッティングセンターに

連れて行っても何一つアドバイスできず、

 息子から見れば頼りない野球未経験の父親でした。

 

 

息子のユウちゃんは小学校3年生の時に学校

の友達に誘われて「野球がやりたい」と

いってきました。

 

「ユウには運動のできる子に

 なって欲しい。」

 

そう思っていたので、ユウの口から

野球をやると言ってくれたことは

とても嬉しかったです。

 

私は自分にできることを探し始めました。

 

 

最初は「とにかく経験だ!」と思って

バッティングセンターに通わせました。

 

熱心な子だったので、

絶対に他の子よりも上達すると信じていました。。。

 

しかし現実はそう上手くもいきません。

恐れていたことが起きてしまいました。

 

ユウは私の運動音痴を受け継いでしまい、

実力も、背番号も、5年生になった頃には

どんどん後輩に追い抜かれて

補欠確定してしまったのです。

 

6年生3人,5年生6人のチームでしたが、

5年の同級生の中でユウだけがスタメン落ち。

 

一人だけいわゆる「補欠」として

ベンチを温めていたのです。

 

代打で試合に出ても、上手な6年生の子達には

「アイツが出てもしょうがないじゃん…」

などと言われてしまい

『みじめで…悔しくて…見て居られませんでした』

 

 

「ユウは頑張っているのに、

 俺が親だからなのか……クソ。」

 

 ある日ユウは食卓で呟きました。

「やっぱお父さんがコーチの人は上手いなあ。」

 正直、、言葉が出ませんでした

私は息子に対して

「申し訳ない!なんとかしてあげたい!!」

という気持ちで練習法を調べまくりました。

 

ユウは守備は人並みにできましたが

バッティングがダメで、代打で試合に出ても

三振か弱いゴロ、良くて外野フライだった

ので、バッティングの強化に取り組みました。

 

教本を読みあさりDVD付きの本を買って

ユウと練習。しかし、内容は監督コーチから

言われていることとあまり変わらず、

ユウの打球は弱々しいままでした。

 

力が無いのかと思って毎日素振り100本を

約束し、励ましながら何ヶ月も継続。

確かに筋肉や握力はついたようですが、

打球が強くなるわけでも、

芯に当たるわけでもありませんでした。

 

バットもグローブも高いものに買い替え、

一心不乱に駆け回りました。

 

しかし結果は、、、ユウは、補欠のままでした。

 

「どうしてヒットが打てるように

 ならないんだろう…。」

父親なのに、なんで何一つ

 教えてやれないんだろう…。」

 

 

そうやって途方に暮れていた時、

息子と私を大きく

変えてくれる出会い

がありました。

 

同僚のツテで、リトルリーグの名門監督と

知り合うことができたのです。

その方は、自分の教えたチームを

全国大会に連れて行くような

とても実績のある指導者でした。

 

私はすがる思いで息子のご指導を請いました。

後日、シーズンオフだったこともあって、

実際にユウのバッティングを見てくれました。

すると「このポイントに注意して息子さんの

スイングを見ていてあげてください。」

と私に言って、1日20分の練習メニューを

作ってくれました。

 

その日から、私とユウの2人3脚の自主練

が始まり、言われた通りにメニューを

こなしていきました。

私はユウのスイングを見て、

言われたポイントの通りに助言しました。

 

そして1週間後にバッティングセンターに行くと、

以前より目に見えて芯に当たるようになりました!

 

すごい!これならいける!

そう確信した瞬間でした。

 

私はさらに名門監督との交流を深め、

たくさんのことを教わりました。

 

私は名門監督に教わった方法を元に、

ユウに指導を続けました。

ユウは着々と力をつけていき、

1ヶ月もする頃には、

打球を芯でとらえ、まるで嘘みたいに

力強いライナーを連発できるようになりました。

 

そしてユウも6年生になり春練が始まった

のですが、ユウのバッティング練習を見て

チームの監督・コーチ・チームメイトも

みんなビックリです!

 

三振か良くて外野フライだった

のに、外野の頭を超えるような

「長打」や「弾丸ライナー」を

嘘みたいにバンバン打ちました!

 

試合でもスタメンを勝ち取り、

5月にはチームの4番に抜擢されました!

 

ユウもチームメイトから

「お前どうしたの??すげえ!」

「どうして急にそんなに打てるようになったの??」

と聞かれて嬉しそうでした!

 

しかし、嬉しいことはそれだけではありませんでした。

 

その日の晩、ユウは

「お父さんのおかげだから、ありがとう。」

といってきました。

やっと息子のためになれたことが実感できて、

嬉しくて、涙が出そうになりました。

 

その後、他にもバッティングが苦手な

5年生の子がいて、その親御さんが

私に指導法を訪ねてきました。

私はその子の親御さんにも指導法を教えてあげました。

 

 するとその子もバッティングが着々と改善し、

夏にはもう打率3割のヒットメーカーへと

成長していたのです!

 

さらにそれを聞いた監督は、私に「是非チームの

バッティングコーチになってほしい。」

懇願してきました。

 

教える喜びを知った私は

こうしてコーチ生活をスタートし、

息子が卒団した今では強豪チームで

バッティングのコーチを続けています。 

 

自分が子供にバッティングを教えられる

など想像もつきませんでした。

しかし、以前の私のように、

息子に野球を教える事に難しさを感じている

お父様方も少なくないと思います。

 

 「息子のためになりたい」

父親としての責任を果たしたい」

そんな気持ちを抱えていた私だからこそ、

「もっと多くのお父様方の力になりたい。」

そう思って、今回この

打撃マスター・プログラム

を公開する事にしました。

 

そうです。

次はあなたの番です。

 

 あなたの手で息子さんを、

もっともっと打てる4番バッターに、

野球を心から楽しめる選手に、

導く番なのです。

 

毎回のブログの内容を少しづつでも

取り入れてみてください。

 

それを継続するだけで

本当にヒットやホームランを

打てるようになることを保証します。

 

それでは最後まで読んでいただき

ありがとうございました。